HOME » 用意は万全!中綴じ印刷の制作ノウハウ » 制作物で選ぶ紙の種類

制作物で選ぶ紙の種類

このページでは、中綴じ印刷に使われる印刷用紙の種類をチェックしています。

中綴じ印刷に使われる印刷用紙の種類

印刷会社に媒体の制作を依頼するメリットのひとつに、「用紙が選べること」が挙げられます。

紙質や厚さなどによって、仕上がりの印象は大きく変わるもの。

以下に中綴じ印刷に使用される用紙の代表例を紹介しますので、内容や予算に合わせて、最適な用紙を選んでください。

上質紙

塗料の塗布されていない用紙で、コート紙やマット紙などの元になります。コピー用紙としても使用されています。

インクがにじみやすいので、印刷の場合は主に単色印刷(白黒)で使用されますが、4色(カラー)が不可能というわけではありません。上から文字を書きやすいので、FAX申込書などがついたパンプレットなどにも用いられています。

  • 上質紙を使用している媒体例…書籍、会報、広報誌、パンフレット、チラシ

コート紙

上質紙の表面に塗料がコーティングされていて、光沢のある紙。着色効果が高いので、写真などがきれいに表現され、フルカラー印刷では最もポピュラーな用紙です。

コート紙よりさらに厚く塗料がコーティングされている用紙は、アート紙と呼ばれます。

  • コート紙を使用している媒体例…写真集、雑誌、ポスター、カレンダー、カタログ、チラシ

マット紙

上質紙の表面につや消しがコーティングされている、多少厚みのある紙。

印刷の彩度はやや落ちるものの、写真などを印刷すると、見ていて目の疲れない、落ち着いた仕上がりになります。

  • マット紙を使用している媒体例…写真集、ポスター、カレンダー、カタログ

上記以外にも、用紙表面に塗布された塗料により細分化された、さまざまな用紙があります。

印刷会社によっては、問い合わせをすると用紙サンプルを送ってくれるところもあるので、注文前に色味や紙の質感を確認するとよいでしょう。

また、各用紙には厚さの幅もあり、「○○K」という単位で表現されます。ある程度の厚みがあると「良い紙を使っている」という印象が高まるかもしれませんが、そのぶん仕上がり重量が重くなってくることも、頭に入れておいてください。