HOME » 用意は万全!中綴じ印刷の制作ノウハウ » オフセットとオンデマンドの選び方

オフセットとオンデマンドの選び方

中綴じ製本ならページ数や部数を考慮して、オフセット印刷とオンデマンド印刷のどちらを選ぶべきか、調べてみました。

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

仕事人ひと昔前の印刷といえば「活版印刷」や「グラビア印刷」が一般的でした。紙に直接触れる版を作り、印刷していくやり方です。

しかし、現在では版の代わりにフィルムを使用し、それを印刷機のゴムドラムに転写したうえで紙に印刷する「平版印刷」が主流です。この変化により、色の再現性が高い大量印刷が可能となりました。

そして近年はさらに、版を必要としない「無版印刷」も登場しています。

以下に「平版印刷=オフセット」「無版印刷=オンデマンド」の違いを紹介します。

オフセット印刷

平版印刷と呼ばれるオフセットは、フィルムに焼き付けた版(ページなどの印刷したい内容)をブランケットと呼ばれる転写ローラー(ゴムや樹脂製)に移したうえで、用紙に転写していきます。

版と用紙が直接触れることがないため、仕上がりは精密。また摩擦が少ないため、短時間での大量印刷も可能となっています。

印刷はトナーではなく、インクで行われるため、特に写真などの画像が細部まで美しく仕上がります。現代の商業印刷物や美術印刷のほとんどが、このオフセット印刷で行われていると考えて間違いないでしょう。

ちなみに、大量印刷を短時間で仕上げられるため、部数が多ければ多いほど、単価が下がっていく傾向があります。

オンデマンド印刷

無版印刷と呼ばれるオンデマンドは、DTPで製作されたデータを、印刷機から直接出力する印刷法です。インクではなくトナーによる印刷で、会社や家庭用プリンターの印刷方式と、基本的には変わりません。

印刷会社に依頼するメリットとしては、煩雑な作業を一任できる、特殊なサイズ・用紙への印刷がスムーズに行える、という点にあると思います。

オンデマンドなら、版を作ったり、写真などの画像をRGB→CMYKに変換する手間がかからないので、セット料金や初期費用を安く抑えることが可能です。

オンデマンド印刷は、オフセット印刷に比べ精密さに欠けると言われてきましたが、近年の最新オンデマンド印刷機では仕上がりがオフセットに劣らないクオリティとなってきているようです。

ページ数や部数を考慮して、中綴じ印刷を検討しよう

上記の特徴を踏まえ、印刷したい媒体ごとに印刷方式を選択するのが、賢いやり方です。

  • オフセット印刷…大量の部数を高クオリティで印刷したいとき
  • オンデマンド印刷…少ないページ数で少部数の媒体を、短期間で印刷したいとき

ぜひ、これらのポイントを押さえたうえで、オンライン印刷にチャレンジしてみてください。