HOME » 用意は万全!中綴じ印刷の制作ノウハウ » 入稿データの作り方

入稿データの作り方

このページでは、中綴じ印刷などを印刷会社に依頼する際の、データ入稿方法について説明します。

中綴じ印刷を印刷会社に依頼する際のデータ入稿方法

冊子やチラシなどを印刷通販に依頼する際、その内容は依頼側が制作し、データのかたちで入稿することになります。

●印刷して欲しいデータを「最終出力用データ」など、わかりやすいファイル名にする。

●上記の「最終出力データ」のスクリーンショットを撮影し、ファイルとして入稿する。

●使用した画像ファイルも入稿する(Adobe Illustratorで作成している場合、リンクされている画像ファイルはすべて)。

※入稿データについては、各会社ごとに異なりますので注意しましょう。

次にソフト別の特徴や注意点を紹介しますので、チェックしてください。

Adobe Illustratorの場合

操作性の自由度が高いAdobe Illustratorは、デザイナーの間で人気の高いソフトです。

とはいえ、「ページ」という概念を持たないソフトなので、見開きずつ、確実に作っていくことが必要。冊子やカタログなどの複数ページの入稿データを作成する際は、以下の点に留意してください。

●仕上がりサイズを示すトンボをつける

●文字のアウトラインを取る

●1つのファイルに前ページを貼り込もうとしたり、レイヤーで複数ページを作成することを避け、見開きごとにファイルを分ける。ファイル名にノンブル(ページ数)をあて、印刷者にわかりやすく伝える。

もちろん、Adobe Illustratorは、チラシやフライヤーなど1枚ものの印刷データ作成にも適します。

Adobe InDesignの場合

ひと昔前、エディトリアルデザイナーはQuarkExpressを使用していることが多かったのですが、近年はこちらが主流。同じAdobe社のIllustratorやPhotoshopとの互換性も高くなっています。

ページの塊をひとつのファイルにまとめられるという利便性があるため、冊子などの入稿データを作成するのに適したソフトです。入稿の際は、以下の点に留意しましょう。

  • 断ち落としを付けた状態でデザインする
  • IllustratorやPhotoshopなどのデータを配置する場合はアウトラインやCMYK化を漏らさず行う(もしくは、OpenTypeフォントを用いて、印刷用PDFを作成する)

男性イメージ印刷会社では上記以外にも、PhotoshopやMicrosoft Officeのソフトで作成したデータに対応している場合もあります。

いずれのソフトで作成したデータでも、「入稿はPDF化したもので行う」という決まりの会社もあるので、依頼の際は入稿データ形式をしっかり確認するようにしてください。