HOME » 用意は万全!中綴じ印刷の制作ノウハウ » 製本の種類と適している印刷物

製本の種類と適している印刷物

このページでは、冊子印刷やカタログ印刷に適した中綴じなど、製本の種類を紹介しています。

冊子印刷やカタログ印刷に適した中綴じなどの製本の種類

冊子は内容の印刷された紙の集合体ですが、その綴じ方にはいくつかの種類があります。以下に紹介していきますので、ぜひチェックしてください。

中綴じ

4ページ分の用紙を2つに折ったものを重ねていき、中央部に沿ってホチキスで留める製本方法。以下のような媒体に、幅広く用いられています。

  • 本イラスト週刊誌
  • 薄型の月刊誌
  • 旅行ガイドなどの情報誌
  • パンフレット
  • 官公庁などが発行するガイド本
  • 電化製品などの取扱説明書

本をのどいっぱいに開くことができる、読みやすさが便利。例えば開いたまま台に置き、人に説明できるのは中綴じ媒体の特性です。ページ数がさほど多くない場合にぴったりです。

中綴じの場合、背にあたる部分がないので、背表紙を作ることはできません。

平綴じ

ページを順番に組み合わせ、丁合したものの背から5mm程度を綴じ台として、針金やホチキスで留める製本法。以下のような媒体に、用いられています。

  • 教科書
  • 取扱説明書
  • 少年週刊誌

背表紙を付けることができ、比較的丈夫ですが、本をのどいっぱいに開くことはできません。

無線綴じ

糸や針金を使わず、本の背を糊で固めて綴じる製本法。「くるみ綴じ」と呼ばれることもあります。いくつかの冊子状の紙を一つにまとめ、糊付けしたあと表紙を貼り付けます。以下のような媒体に、用いられています。

  • 雑誌
  • 文庫本
  • 単行本

ページ数の多い媒体向きで、読みやすい仕上がりになります。

糸綴じ

本の背を、糸を使って綴じる製本法。以下のような媒体に、用いられています。

  • 単行本
  • 百科事典
  • 辞書

丈夫で長持ちするほか、本をのどいっぱいに開くことができます。